読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PerlerのRuby日記

Rubyとか

ヒアドキュメント

Rubyのヒアドキュメント。

  • 「<<区切り語」から「区切り語だけ書いてある行」までが、指定できる文字列。
  • 「<<」と「区切り語」の間にスペースは入れられない。
  • 「区切り語」をダブルクオートで括れば式展開される。シングルクオートならされない。
  • 「区切り語」を裸に書けば、ダブルクオートと同じ扱い。
    • ただし、明示的に書いておいた方が可読的に良い。
  • 「<<区切り語」の間に「-」を書くと、終了区切り語の行でタブやスペースが使える。
  • 最終的に、文字列末尾に改行コードがつく。

str = <<-"EndBrowsers"
Safari
 FireFox
  Chrome
   Opera
    IE
     EndBrowsers

p str
#=> "Safari\n FireFox\n  Chrome\n   Opera\n    IE\n"

print str
#=> Safari
#=>  FireFox
#=>   Chrome
#=>    Opera
#=>     IE